加齢臭やデリケートゾーンの臭いはジャムウ石鹸で撃退|華麗な改善集

ボディケアグッズ

インドネシアのハーブの力

笑顔

さまざまなタイプと用途

ジャムウとは、インドネシアで古くから伝えられる民間のハーブ薬で、独自のハーブ調合によって作られるものです。もともと宮廷に仕える女官たちによって発達してきたことから、特に女性用のジャムウ配合製品としては数多くの種類が流通されています。クリームや石鹸、オイルに配合した外用系、ピルやタブレット、お茶などの内服系のほか、デリケートゾーンの匂いを取るとされるパックや、生理痛を緩和するスティックタイプのものなど、実に多岐に渡って使われています。また、その効果についてもダイエットやスキンケア、ヘルスケア、美容ケアとさまざまあるため、今後はジャムウのそれぞれの効果について、どの程度のものなのかが明らかになっていくことが考えられます。

女性のあらゆる悩みを解決

生薬やハーブを秘伝のレシピをもとに配合してつくられ、「不思議なハーブ」とも呼ばれるジャムウは、健康維持から女性特有の悩みまで、およそ女性のありとあらゆる悩みに効果があるということで、当然のことながら女性のあいだで高い人気を誇っています。基本的には免疫力を高めて体のバランスを整えるという働きがありますが、今ではもっぱら女性を綺麗にするためのハーブとしてよく知られています。そのなかでも特に高い効果があるとされるのは、デリケートゾーンへの効果です。生理痛や匂いの解消という目的でジャムウ配合の化粧品を使う女性が増えており、それに伴って口コミでの評判も増加の一方となっています。それだけ、女性にとって大きな悩みだったということが、ジャムウへの人気からはうかがえます。